メインイメージ画像

家のセキュリティのために鍵だけでなく防犯ガラスも役立ちます

空き巣の被害には遭いたくないのですが、家の玄関の鍵を防犯機能の高い物にしても、窓ガラスがそのままでは、セキュリティ対策としては不十分です。それは空き巣が玄関の鍵を開けようとするより、窓ガラスを割った方が入るのに簡単だからです。空き巣は、まずは電話やインターホンなどで不在の家を見つけます。留守だと分かったら人目につきにくい窓ガラスを探し、窓ガラスの鍵まわりをドライバーなどの工具を使用して手が入る大きさにまで割ります。割った隙間から手を入れて窓鍵を回して解錠し中に侵入すると言う手口が多くみられます。

こういう手口の犯行時間は10秒ほどしか掛からず、普通の窓ガラスでは簡単に侵入されてしまいます。ドライバーで突くため、ガラスを割る音がわずかなので近所に住んでいる人は気付かないのです。侵入した後は家の中を物色し、現金などを盗んで玄関を開けてお客さんを装って出ていきます。ここまで10分すら掛からずに終えてしまうので、ちょっとの外出だけでも空き巣の被害に合う可能性があります。ですが、窓ガラスを破るのに時間が掛かる家は泥棒が敬遠する傾向があります。

時間が掛かる方が家に住んでいる人が帰ってくるかもしれないからです。そんな窓ガラスのセキュリティを上げるのに、たびたび交換されているのが防犯ガラスです。防犯ガラスでは、空き巣が良く使用する手口で破ろうとしても時間が掛かります。必ず破られない訳ではありませんが、空き巣が侵入に時間が掛かる為に真っ先に避ける場合が多いのです。

この防犯ガラスへの交換と共に補助錠も取り付けすると更にセキュリティ度が増えます。

網入りガラスは火災が起きた所のガラス飛散防止の為のものであるので、セキュリティ対策としてはあまり有効ではないです。ガラス修理屋さんにて防犯ガラスを取り扱っているので、空き巣被害が気になった時には、電話で相談してみるのが良いです。中には断熱性能も一緒に上げる事の出来る防犯ガラスもあります。どのような防犯ガラスが良いのか見当がつかない時はガラスの専門からアドバイスを受ける事が出来ます。